小樽手宮公園の崖に「御膳水の滝」があらわれました(3/20)

小樽手宮公園の崖に「御膳水の滝」があらわれました(3/20)

投稿日:2020年03月22日 / 投稿者:スタッフ観光案内所

小樽市手宮公園土手斜面に春先の雪解けの時期や大雨の日にしか

水流が見られない滝があります。それが「御膳水の滝」です。

「御膳水の滝」は、明治天皇の御行幸の時のために確保された

御前水井から溢れる水によって出来る滝です。

3月20日(金・祝日)に「御膳水の滝」を見てきました。

雨が降ったこの日は勢いよく水が流れていました。

水際には、青々と茂った草や、ふきのとうも芽吹いていました。

少しずつ「春」が近づいていますね。

 ◎小樽市総合博物館Facebook(3/21投稿)より

  本館の正面玄関前広場から見える「御膳水の滝」の水量が多くなっています。

  昨日までの雨や暖かい気温によるものでしょう。残りの雪の状態からすると、

  今頃がピークで、来週にはどんどん水量が減ってしまうでしょう。

  ご覧になりたい方はお早めにお越しください。(大鐘卓哉)

「御膳水の滝」は小樽市手宮から祝津おたる水族館方面にむかう

道道小樽海岸公園線の道路沿いにあります。

小樽市総合博物館本館そば、黄色い枠の部分が「御膳水の滝」です。

上流から勢いよく水が流れおちます。

ふきのとうが芽吹いていました。

小樽市総合博物館本館 正面玄関前

ジョセフ.U.クロフォードの像から見た「御膳水の滝」

月間イベント情報  ​⇒ 3月のイベント・おすすめ情報 

  ブログと一緒に facebook「OtaruStyle」 も是非ごらんください。

・旧ブログ 「小樽観光案内所スタッフブログ」その1
・旧ブログ 「小樽観光案内所スタッフブログ」その2
旧ブログ 「小樽観光案内所スタッフブログ」その3

スタッフM 

注目イベント情報