市立小樽文学館…「オタブンヒストリー小樽文学館43年の歩み展 (10/1〜10)」に行ってきました

投稿日:2021年10月06日 / 投稿者:スタッフ観光案内所

2021年10月1日(金)から10日(日)まで

市立小樽文学館・美術館1階多目的ギャラリーで開催中の

「オタブンヒストリー小樽文学館43年の歩み展」を見てきました。

入場無料。

しかもクイズに全問正解するとオリジナルメモ帳のプレゼントもあります。

展示用に制作した模型もあり、すごく楽しい展示会でした。

2021年10月10日(日)までの短い開催ですが、是非ご覧ください。

10月10日(日)最終日は16:00までの開館となります。

● オタブンヒストリー小樽文学館43年の歩み展

・会  期:2021年10月1日(金) ~ 10月10日(日)

・開館時間:9:30 ~17:00(最終日のみ16:00まで)

・休館日 :2021年10月4日(月)

・会  場:市立小樽文学館・美術館1階多目的ギャラリー

・入館料 :無 料

市立小樽文学館は1978年に開館いたしました。

文学館が43年の間に開催してきた特別展・企画展を

当時のポスターや展示用に制作した模型を中心とした資料で

文学館の歴史を振り返ります。9日間限定の展示となります。

/

/

/

・ポスター

いくつかご紹介します。

活版印刷物語のリーフレットを作成した際の組版が展示されていました。

・模型

国民学校の放課後

壁に貼られた絵や習字も注目してください。

アトリエ村模型

トカゲ

模型製作の田中真里さんの作品は細部までこだわっていて

見ごたえがあり楽しかったです。

◎オタブンヒストリー展&小樽・札幌ゲーセン物語展2コラボクイズ開催
オタブンヒストリー展の2021年10月1日(金)~10月10日(日)の会期中、
2階市立小樽文学館の無料スペースで開催している
「小樽・札幌ゲーセン物語展2」とコラボしたクイズイベントをやります!
両方の展示を見るとわかるクイズに全問正解すると
文学館オリジナルメモ帳がもらえます。是非ゲットしてください。

全問正解すると手作りのメモ帳が1冊もらえます。

私も1冊いただきました。

画像提供:市立小樽文学館

「札幌・小樽ゲーセン物語展2」
・会  期:2021年7月17日(土) ~ 11月21日(日)
・開館時間:9:30 ~17:00(入館16:30まで)
・会  場:市立小樽文学館無料展示コーナー

/

小樽市色内1丁目9番5号 (日本銀行旧小樽支店金融資料館向かい)

・電話:0134-32-2388

・開館時間:9:30 ~17:00(入館16:30まで)

◎市立小樽文学館の情報

・小樽文學舎ホームページ

・小樽文学館 口口 西日珈琲 口口

・小樽文学館Twitter公式アカウント
 オタブン(市立小樽文学館)

/

/

月間イベント情報  ​ 10月のイベント・おすすめ情報

★  ブログと一緒に facebook「OtaruStyle」 も是非ごらんください。

・旧ブログ 「小樽観光案内所スタッフブログ」その1
・旧ブログ 「小樽観光案内所スタッフブログ」その2
・旧ブログ 「小樽観光案内所スタッフブログ」その3


スタッフM

市立小樽文学館…おたるBook Art Week関連イベント 「文庫本改装ワークショップ」

投稿日:2021年10月06日 / 投稿者:スタッフ観光案内所

おたるBook Art Week関連イベント

「文庫本改装ワークショップ」のお知らせです。

文庫本をハードカバーに改装するワークショップ。

お気に入りの文庫本と布で、世界に一つの特別な本に仕立てます。

📚 文庫本改装ワークショップ 📚

・日時:2021年10月30日(土) 13:00 ~ 16:00

・会場:市立小樽文学館 古本コーナー&cafeコーナー

・参加費(材料費):500円

・持ち物:厚さ1cm程度の文庫本1冊、20cm(縦)×30cm(横)の布1枚

・対象:中学生以上

・定員:8名(事前予約制。申込順)

・申込:2021年10月5日(火) 9:30より市立小樽文学館の電話(0134-32-2388)にて受付

☆おたるBook Art Week

2021年10月11日(月)~10月24日(日)

詳しくは公式ブログをご覧ください。

おたるBookArtWeek (exblog.jp)新しいウィンドウで外部サイトを開きます

市立小樽文学館もおたるBook Art Week2021に参加!

●「虹色装幀展」

本の装幀で虹をつくり、本が持つ美しさを展示します。

・展示期間:2021年10月12日(火)~11月3日(水)

・休館日:月曜

・開館時間:9:30 ~ 17:00(入館は16:30まで)

・会場:市立小樽文学館cafeスペース(無料)展示スペース

・展示作家 市立小樽文学館スタッフ

小樽市色内1丁目9番5号 (日本銀行旧小樽支店金融資料館向かい)

・電話:0134-32-2388

・開館時間:9:30 ~17:00(入館16:30まで)

◎市立小樽文学館の情報

・小樽文學舎ホームページ

・小樽文学館 口口 西日珈琲 口口

・小樽文学館Twitter公式アカウント
 オタブン(市立小樽文学館)

/

/

月間イベント情報  ​⇒ 10月のイベント・おすすめ情報

  ブログと一緒に facebook「OtaruStyle」 も是非ごらんください。

・旧ブログ 「小樽観光案内所スタッフブログ」その1
・旧ブログ 「小樽観光案内所スタッフブログ」その2
・旧ブログ 「小樽観光案内所スタッフブログ」その3


スタッフM

市立小樽美術館…中村善策系譜① 運河画家と呼ばれた男 石塚常男展(10/1~12/26)

投稿日:2021年10月01日 / 投稿者:スタッフ観光案内所

市立小樽美術館は緊急事態宣言を受けて臨時休業をしておりましたが、

2021年10月1日(金)より通常通りの開館となりました。

市立小樽美術館1階中村善策記念ホールで

2021年9月25日(土)から予定していた

「運河画家と呼ばれた男 石塚常男展」

市立小樽美術館の開館に合わせ10月1日(金)から展示会を開始します。

中村善策系譜① 「運河画家と呼ばれた男 石塚常男展」

・会  期:2021年10月1日(金)〜2021年12月26日(日)

・開館時間:9:30~17:00(最終入館は16:30まで)

・休 館 日 :月曜日 11月4日(木)・24日(水)

・会  場:市立小樽美術館 1階中村善策記念ホール

観覧料 (同時開催の特別展等により変動します)

[ 2021年10月1日(金)~10月22日(金) ]

 一般 300 (240) 円 / 高校生・小樽市在住70歳以上の方 150 (120) 円

[ 2021年10月23日(土)~12月26日(日) ]

 一般 600 (480) 円/ 高校生・小樽市在住70歳以上の方 300 (240) 円

 中学生以下無料

 ※( )内は20名以上の団体料金

趣旨

 中村善策の風景画は、起伏に富んだ小樽の地形からくみ取ったダイナミックな動きのある構図、華麗な色彩、スケール感に魅力があります。現場制作を信条としたため、キャンバスを戸外に建てて描く姿を、かつては市内の随所で市民が見かけており、明るく伸びやかな風景画は、この地域の人々に誇りと喜びを与えました。
 小樽は、風景画の題材に恵まれた環境から、多くの風景画家を輩出しています。 後輩の多くは、中村善策の後を追うように一水会展、日展へと出品を重ねいきました。後輩画家たちは、二科展時代から「中善」と敬愛を込めて呼び、彼の言動はすぐに地元に伝わり、その画論に花を咲かせました。それだけ、善策の絵はさまざまな絵画の潮流のなかにあっても確固たる表現形式を示し、故郷の後輩画家たちに強い羨望を招きました。


 善策に直接教えを受けた最後の世代には、石塚常男、冨澤謙、小川清が挙げられます。彼らは、地元に留まり小樽を拠点にし、まず道展を足掛かりにしながら、日展、一水会展などへ出品しました。
 なかでも石塚常男は、「最も小樽らしいものを」と思い、小樽運河に着目、小樽のシンボルとして運河を連作し日展にも出品、「運河画家」と呼ばれました。その作品は、高い位置から見下ろした運河と、水面に移った建物や船の影を巧みに構成し、 爽やかな色彩のハーモニーを感じさせます。 原色は使用せず、青緑系の中間色を中心に穏やかな風景を表現するところは、中村善策との大きな違いです。 石塚は、中村善策から、緑系統の色使いに指導があり、デフォルメと省略についても多くを学ぶことがあったと記しています。リズミカルなタッチが生き生きとキャンバスに置かれ、遠景から近景に至る間に、すがすがしい空気を感じることができます。
 本展は運河画家と呼ばれた石塚常男の作品を、 先輩画家である中村善策とともに展覧いたします。

■ 中村善策についてはこちらのページで詳しい説明があります。

市立小樽美術館 

小樽市色内1丁目9番5号 (日本銀行旧小樽支店金融資料館向かい)

電話:0134-34-0035

開館時間:9:30 ~17:00(入館16:30まで)

/

月間イベント情報  ​ 10月のイベント・おすすめ情報

★  ブログと一緒に facebook「OtaruStyle」 も是非ごらんください。

・旧ブログ 「小樽観光案内所スタッフブログ」その1
・旧ブログ 「小樽観光案内所スタッフブログ」その2
・旧ブログ 「小樽観光案内所スタッフブログ」その3


スタッフM

市立小樽文学館…企画展「生誕120年 詩人沙良峰夫展」10/2〜11/28

投稿日:2021年09月30日 / 投稿者:スタッフ観光案内所
市立小樽文学館の2021年10月2日(土)から
企画展 「生誕120年 詩人沙良峰夫展」を開催します。
関連事業は事前申し込みが必要です。
「対談と記念演奏会(10/10)」・「記念講演会パート1(10/16)」は
2021年10月2日(土)より
「記念講演会パート2(11/23)」は2021年11月2日(火)より
市立小樽文学館の電話(0134-32-2388)のみにて受付します。

・会  期:2021年10月2日(土)〜11月28日(日)

・開館時間:9:30 ~17:00(最終入館16:30まで)

・休館日 :月曜日・11月4日(木)・11月24日(水)

・会  場:市立小樽文学館
・入館料 :一般 300円

      高校生・小樽市在住70歳以上の方 150円

      中学生以下無料

趣旨

 28歳で早世した詩人・沙良峰夫(さら みねお 1901~1928。本名 梅澤孝一)は

「薄幸の詩人」「幻の詩人」と言われてきた。

岩内の海霊から豊かな詩性を授与された沙良の魂。

そして大正デモクラシーや大正ロマンティシズムの飛沫を浴びつつ、

西條八十や川路柳虹などの優れた詩人を師と仰ぎ、

彼らが主宰する詩誌『白孔雀』や『現代詩歌』『棕櫚の葉』などに作品を発表。

その詩は、高踏派や象徴派の作風をみせた。

後半生では、アナキストやダダイスト、さらには新感覚派の文学者とも交友して

内視の眼を養い文学的な成熟をみせた。

生誕120年にあたり、本展ではその絢爛たる詩魂を辿りながら、

大正期を疾走したその多面体な相貌にアプローチする。

 ・沙良展フライヤーオモテ面 (1)[PDF:235KB]

 ・沙良展フライヤー中面[PDF:232KB]

《 関連事業 》

◎ 対談と記念演奏会

◆対談「築地小劇場と吉田謙吉を巡って」

・講 師:塩澤珠江(吉田謙吉長女・著書『父・吉田謙吉と昭和モダン』)、

     柴橋伴夫(本展監修者・詩人・美術評論家)

・日 時:2021年10月10日(日)15:00から16:00

記念演奏会「歌曲「4つの連祷」初演ー沙良峰夫の詩魂に捧げる」

・作 詞:柴橋伴夫

・作 曲:八木幸三

・アルト:斉藤みゆき

・ピアノ伴奏:三輪栞

・日 時:2021年10月10日(日)16:00から17:00

※記念対談と記念演奏会は合わせて一つのイベントです。連続してご参加ください。

・会 場:市立小樽文学館展示室

・参加費:入館料が必要です

・定 員:30名(事前予約制。申込順)

・申 込:2021年10月2日(土)より市立小樽文学館の電話(0134-32-2388)

     にて受付

◎ 記念講演会パート1

沙良峰夫とその時代」

・講 師:柴橋伴夫(本展監修者・詩人・美術評論家)

・日 時:2021年10月16日(土)14:00から16:00

・会 場:市立小樽文学館 古本コーナー

・参加費:無料

・定 員:30名(事前予約制。申込順)

・申 込:2021年10月2日(土)より市立小樽文学館の電話(0134-32-2388)

     にて受付

◎ 記念講演会パート2

「沙良峰夫と小樽の文学者の表現主義的シンクロニシティ」

・講 師:亀井志乃(市立小樽文学館館長)

・日 時:2021年11月23日(火・祝)14:00から16:00

・会 場:市立小樽文学館 古本コーナー

・参加費:無料

・定 員:30名(事前予約制。申込順)

・申 込:2021年11月2日(火)より市立小樽文学館の電話(0134-32-2388)

     にて受付

     こちらの受付は11月となります。

市立小樽文学館

小樽市色内1丁目9番5号 (日本銀行旧小樽支店金融資料館向かい)

・電話:0134-32-2388

・開館時間:9:30 ~17:00(入館16:30まで)

◎市立小樽文学館の情報

・小樽文學舎ホームページ

・小樽文学館 口口 西日珈琲 口口

・小樽文学館Twitter公式アカウント
 オタブン(市立小樽文学館)

/

月間イベント情報  ​ 9月のイベント・おすすめ情報

★  ブログと一緒に facebook「OtaruStyle」 も是非ごらんください。

・旧ブログ 「小樽観光案内所スタッフブログ」その1
・旧ブログ 「小樽観光案内所スタッフブログ」その2
・旧ブログ 「小樽観光案内所スタッフブログ」その3


スタッフM

市立小樽文学館…「オタブンヒストリー小樽文学館43年の歩み展 (10/1〜10)」市立小樽文学館・美術館1階多目的ギャラリー

投稿日:2021年09月30日 / 投稿者:スタッフ観光案内所

2021年10月1日(金)から10日(日)まで市立小樽文学館・美術館1階多目的ギャラリーで

「オタブンヒストリー小樽文学館43年の歩み展」を開催いたします。

入館無料です。

市立小樽文学館は1978年に開館いたしました。

文学館が43年の間に開催してきた特別展・企画展を

当時のポスターや展示用に制作した模型を中心とした資料で

文学館の歴史を振り返ります。9日間限定の展示となります。

● オタブンヒストリー小樽文学館43年の歩み展

・会  期:2021年10月1日(金) ~ 10月10日(日)

・開館時間:9:30 ~17:00(最終日のみ16:00まで)

・休館日 :2021年10月4日(月)

・会  場:市立小樽文学館・美術館1階多目的ギャラリー

・入館料 :無 料

/
/
画像提供:市立小樽文学館
◎オタブンヒストリー展&小樽・札幌ゲーセン物語展2コラボクイズ開催
オタブンヒストリー展の2021年10月1日(金)~10月10日(日)の会期中、
2階市立小樽文学館の無料スペースで開催している
「小樽・札幌ゲーセン物語展2」とコラボしたクイズイベントをやります!
両方の展示を見るとわかるクイズに全問正解すると
文学館オリジナルメモ帳がもらえます。是非ゲットしてください。
画像提供:市立小樽文学館
「札幌・小樽ゲーセン物語展2」
・会  期:2021年7月17日(土) ~ 11月21日(日)
・開館時間:9:30 ~17:00(入館16:30まで)
・会  場:市立小樽文学館無料展示コーナー

市立小樽文学館

小樽市色内1丁目9番5号 (日本銀行旧小樽支店金融資料館向かい)

・電話:0134-32-2388

・開館時間:9:30 ~17:00(入館16:30まで)

◎市立小樽文学館の情報

・小樽文學舎ホームページ

・小樽文学館 口口 西日珈琲 口口

・小樽文学館Twitter公式アカウント
 オタブン(市立小樽文学館)

/

月間イベント情報  ​ 9月のイベント・おすすめ情報

  ブログと一緒に facebook「OtaruStyle」 も是非ごらんください。

・旧ブログ 「小樽観光案内所スタッフブログ」その1
・旧ブログ 「小樽観光案内所スタッフブログ」その2
・旧ブログ 「小樽観光案内所スタッフブログ」その3


スタッフM

小樽「晩夏光」特別展「舞踊と美術〜田仲ハルと舞踏に魅せられた美術家たち」(8/21~ 9/23)[小樽美術館2階企画展示室]

投稿日:2021年09月08日 / 投稿者:スタッフ観光案内所

8月21日(土)から市立小樽美術館で開催致してました、
〜田仲ハルと舞踏に魅せられた美術家たち~(小樽晩夏光)は、
現在緊急事態宣言発令中のため休館中です。
解除後に、どうぞ足をお運び下さい。

〜田仲ハルと舞踏に魅せられた美術家たち~(小樽晩夏光)

かって小樽には、舞踏の地方活動のさきがけ「北方舞踏は」を結成され、彼らの舞台は、後に村松友視の小説「海猫屋の客』となる“シアター海猫屋”があった。

 本展開催の軸となる田仲ハルは、10代の少年時代に海猫屋の「北方舞踏派」を目撃し、上京して土方巽と邂逅、ソロとなった。再び小樽に戻りもう一度小樽から再燃させたいと活動を始めた 舞踏はその始まりから、美術・文学界から注目されてきた身体表現だったが、今ふたたび、 田仲ハルを中心として、次世代のアーティストたちが、田仲とのコラボレーションを展開している。

本展は国内外で活躍する舞踏家田仲ハルを囲んで、彼に触発された
舞踏新時代のアーティストによる舞台芸術、衣装、グラフィックデザイン、
映像、立体、ドローイングなど、多様な現代美術と交錯する総合的な展示を試みる。

 

田仲ハルと舞踏に魅せられた美術家たち

・ 開催日:8月21日()~9月23日(木・祝)最終日~夜間開館19:30まで
会  場:市立小樽美術館2階企画展示室
料     
金:一般 (700円)・高校生.市内高齢者(350円) ・中学生以下無料
・展覧会ナビゲーター:HiNA

1階中村善策記念ホール・3階一原有徳記念ホールと併せてご覧いただけます。

【出品アーティスト】
・舞踏:田仲ハル(小樽在住)
・映像:公演記録写真
・グラフィックデザイン提供
開場での映像…「あずきの家」2019年・「色内紀」2020年上映


・ドローイング:Aki  Yo(札幌在住)
・服飾:石岡 美久(札幌在住)「algorithm」(デザイナー)
・絵画・インスタレーション:上嶋秀俊(小樽出身.在住)
・立体:ダム・ダン・ライ(ベトナム出身.小樽在住)
・彫刻:福江悦子(札幌在住)

******************************************

休館中で特別展が実施できない中で、8月21日に小樽美術館2階企画展示室で、関連行事で行われた、田仲ハルさんを含め4人舞踏家の前衛的な舞踏とファッションショーのダイジェスト動画を紹介致します。


特別展「舞踏と美術」の関連行事で行われたファッションショー(8/21実施)のダイジェスト動画をご紹介致します。

今後実施予定の関連行事「アーティストトーク」と「舞踏公演」も動画にて無料配信を予定しているそうです。

●動画のダウンロードはこちらから

https://43.gigafile.nu/0910-g73b33c741a90b40cd44eb51db70c040d

●YouTubeのリンクはこちら

https://www.youtube.com/watch?v=C-t8GQsSbU8

●特別展の詳細https://www.city.otaru.lg.jp/docs/2021052600084/)


****************
**************************


市立小樽美術館
住所:小樽市色内1丁目9−5
TEL:0134-34-0035

 


 


月間イベント情報  ​ 9月のイベント・おすすめ情報

 

  ブログと一緒に facebook「OtaruStyle」 も是非ごらんください。

 

・旧ブログ 「小樽観光案内所スタッフブログ」その1
・旧ブログ 「小樽観光案内所スタッフブログ」その2
・旧ブログ 「小樽観光案内所スタッフブログ」その3


スタッフY

 

 

市立小樽文学館…企画展「オタブンヒストリー小樽文学館43年の歩み展」(9/14~26)

投稿日:2021年09月05日 / 投稿者:スタッフ観光案内所

市立小樽文学館は8月15日(日)から9月12日(日)まで

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、臨時休館しています。

臨時休館で予定していた展覧会が延期になったことを受け、

9月14日(火)から26日(日)までの短い会期、急遽ではございますが、

「オタブンヒストリー小樽文学館43年の歩み展」を開催いたします。

市立小樽文学館は1978年に開館いたしました。

文学館が43年の間に開催してきた特別展・企画展を

当時のポスターや展示用に制作した模型を中心とした資料で

文学館の歴史を振り返ります。10日間限定の展示となります。

/

/

● オタブンヒストリー小樽文学館43年の歩み展

・会  期:2021年9月14日(火)~9月26日(日)

・開館時間:9:30 ~17:00(入館16:30まで)

・休館日 :9月21日(火)・22日(水)・24日(金)

      ※ 9月20日(月)は敬老の日ですので開館します。

・会  場:市立小樽文学館展示室

・入館料 :一般 300円

      高校生・小樽市在住70歳以上の方 150円

      中学生以下無料

※2021年9月15日(水)~21日(火)の期間、70歳以上方は入館無料になります。

 入館の際は年齢を確認出来るものを持参してください。

※新型コロナウイルス感染症の感染拡大の状況によっては、

 今後も会期の変更及びイベント中止の場合もございます。

◎オタブンヒストリー小樽文学館43年の歩み展のチラシはこちらからご覧ください。

[PDF:211KB]

/

/

・オタブン

 市立小樽文学館・文學舎のゆるキャラ「オブタン」

市立小樽文学館

小樽市色内1丁目9番5号 (日本銀行旧小樽支店金融資料館向かい)

・電話:0134-32-2388

・開館時間:9:30 ~17:00(入館16:30まで)

◎市立小樽文学館の情報

・小樽文學舎ホームページ

・小樽文学館 口口 西日珈琲 口口

・小樽文学館Twitter公式アカウント
 オタブン(市立小樽文学館)

/

月間イベント情報  ​⇒ 9月のイベント・おすすめ情報

  ブログと一緒に facebook「OtaruStyle」 も是非ごらんください。

・旧ブログ 「小樽観光案内所スタッフブログ」その1
・旧ブログ 「小樽観光案内所スタッフブログ」その2
・旧ブログ 「小樽観光案内所スタッフブログ」その3


スタッフM

市立小樽美術館トピック展「斎藤清と小樽」…7/22~2022年1/6

投稿日:2021年07月30日 / 投稿者:スタッフ観光案内所

市立小樽美術館で2021年7月22日(土)~2022年1月6日(日)

トピック展「斎藤 清と小樽」開催中です。

斎藤清は1907年、福島県会津坂下町窪で生まれました。

父親の仕事の関係で4歳の時に北海道夕張に移住します。

その後イラストを描くことが大好きだった清は小樽の看板店「広告研究社」に就職します。

1931年24歳で上京し、宣伝ポスターの仕事をしながら油絵を独学。

29歳の時安井曽太郎の木版画にインスバイアされ、独学で木版画制作し

1936年第5回日本版画協会展に、初めての木版画「子供座像」「少女」を出品、初入選を果たし、版画制作に強く心を惹かれ夢中になります。

以後数々の作品を制作し、1995年には文化功労者に顕彰されました。

そして、1997年、90歳で永眠されました。

市立小樽美術館

小樽市色内1-9-5

TEL0134-34-0035


月間イベント情報  ​⇒7月のイベント・おすすめ情報

★  ブログと一緒に facebook「OtaruStyle」 も是非ごらんください。

・旧ブログ 「小樽観光案内所スタッフブログ」その1
・旧ブログ 「小樽観光案内所スタッフブログ」その2
・旧ブログ 「小樽観光案内所スタッフブログ」その3

スタッフE

市立小樽文学館…企画展「小樽・札幌ゲーセン物語展Ⅱ」(7/17~10/3)

投稿日:2021年07月21日 / 投稿者:スタッフ観光案内所

/

2021年7月17日(土)より市立小樽文学館無料展示スペースで

ミニ企画展「 小樽・札幌ゲーセン物語展Ⅱ」がはじまりました。

当時のゲーセンやアーケードゲームの記憶・思い出についての展示、

また実際に遊べるゲーム(無料)も展示します。

ゲーセン物語展のみ観覧、ご利用の場合は無料でご利用いただけます。

どうぞコロナ対策を万全にしてお越しください。

●ミニ企画展「 小樽・札幌ゲーセン物語展Ⅱ」

・会  期:2021年7月17日(土)~10月3日(日)

・開館時間:9:30 ~17:00(入館16:30まで)

・休館日 :毎週月曜日(8月9日・9月20日を除く)

・・・・・・7月27日(火)・28日(水)、8月10日(火)・11日(水)、

・・・・・・9月21日(火)・22日(水)・24日(金) 祝日振替休館

・・・・・・8月17日(火)~20日(金)、9月28日(火)~10月1日(金) 展示替え休館    

・入  館:無料

・・・・・・常設展示をご覧になる場合は入館料がかかります。

・会  場:市立小樽文学館無料展示スペース

・・・・・・小樽市色内1-9-5 電話 0134-32-2388

実際に遊べるゲームは、週単位で基板を入れ替えて展示します。
/
/

◎小樽・札幌ゲーセン物語展Ⅱ プレイアブル展示・スケジュール

1週:717日(土)~723日(金)

・ ファンタジーゾーン(セガ・1986年)

・ ドラゴンスピリット(ナムコ・1987年)

2週:724日(土)~730日(金)

・ ネメシス(コナミ・1985年)

・ マジェスティックトゥエルブ(タイトー・1990年)

3週:731日(土)~86日(金)

・ 忍者くん 阿修羅ノ章(UPL1987年)

・ ブラストオフ(ナムコ・1989年)

4週:87日(土)~813日(金)

・ ぷよぷよ(セガ・1992年)

・ 出たな!! ツインビー(コナミ・1991年)

5週:814日(土)~815日(日)

・ バラデューク(ナムコ・1985年)

・ ペンゴ(セガ・1982年)

※この週は他の企画展の展示替えのため2日間のみの開館となります

6週:821日(土)~827日(金)

・ 沙羅曼蛇(コナミ・1986年)

・ ワルキューレの伝説(ナムコ・1989年)

7週:828日(土)~93日(金)

・ 雷牙(テクモ・1991年)

・ ヴォルフィード(タイトー・1989年)

8週:94日(土)~910日(金)

・ メタルブラック(タイトー・1991年)

・ ガンフロンティア(タイトー・1990年)

9週:911日(土)~917日(金)

・ ルナーク(タイトー・1990年)

・ トライゴン(コナミ・1990年)

10週:918日(土)~924日(金)

・ グラディウスIV(コナミ・1999年)

・ ドラゴンセイバー(ナムコ・1990年)

11週:925日(土)~926日(日)

・ はちゃめちゃファイター(NMK1991年)

・ XXミッション(UPL1986年)

※この週は他の企画展の展示替えのため2日間のみの開館となります

アンコール:102日(土)~103日(日)

・ バラデューク(ナムコ・1985年)

・ ペンゴ(セガ・1982年)

市立小樽文学館

・小樽市色内1丁目9番5号 (日本銀行旧小樽支店金融資料館向かい)

・電話:0134-32-2388

・開館時間:9:30 ~17:00(入館16:30まで)

◎市立小樽文学館の情報

・小樽文學舎ホームページ

・小樽文学館 口口 西日珈琲 口口

・小樽文学館Twitter公式アカウント
 オタブン(市立小樽文学館)
7月8月休館日

月間イベント情報  ​⇒ 7月のイベント・おすすめ情報

★  ブログと一緒にfacebook「OtaruStyle」 も是非ごらんください。

・旧ブログ 「小樽観光案内所スタッフブログ」その1
・旧ブログ 「小樽観光案内所スタッフブログ」その2
・旧ブログ 「小樽観光案内所スタッフブログ」その3


スタッフM

市立小樽美術館市民ギャラリー2…北海製罐第三倉庫と北運河の未来を拓く(7/21~25)

投稿日:2021年07月19日 / 投稿者:スタッフ観光案内所

2021年7月21(水)~7月25日(日)に市立小樽美術館1階市民ギャラリー2にて

「北海製罐第三倉庫の再活用と北運河の再生」をテーマにした

展示会「北海製罐第三倉庫と北運河の未来を拓く」を開催致します。

/

● 展示会「北海製罐第三倉庫と北運河の未来を拓く」

・会 期:2021年7月21(水)~7月25日(日)

・時 間:10:00~16:30(最終日15:00まで)

場 所:市立小樽美術館1階 市民ギャラリー2

     小樽市色内1丁目9−5 電話 0134-34-0035

・​入場料:無料

・主 催:株式会社遠藤建築アトリエ

     電話 011-644-0070

※開催情報は特設ページにて随時更新されます。

※遠藤建築アトリエは小樽市出身の建築家、遠藤謙一良氏の主催する

 設計事務所です。

/

講演会

・日 時:2021年7月22日(木・祝日) 13:30~15:00

・会 場:1階研修室

・参加費:無料

・インストラクター : 遠藤謙一良氏

・定 員:30名

※定員は当日先着順とさせていただきます。

 恐れ入りますが、規定人数を越えた場合は入場をお断りさせていただく場合がございます。

※ご来場の際は、感染防止のためスタッフによる検温及びマスクの着用に

 ご協力くださいますよう宜しくお願い申し上げます。

◎ 重要なお知らせ

新型コロナウイルス感染対策として、7月9日に北海道庁より告示されました

「夏の再拡大防止特別対策」にて札幌市が重点地域に指定されたことを受けまして、

本展示会及び講演会につきましても札幌市からお越しいただく方におかれましては

来場をご遠慮させていただく運びとさせていただきます。

札幌市からの来場をご予定いただいていた方におかれましては、

大変恐れ入りますがご理解とご協力の程宜しくお願い申し上げます。

(2021.07.16株式会社遠藤建築アトリエHPより)

/

/

/

●市立小樽美術館

小樽市色内1丁目9番5号  電話 0134-34-0035

市立小樽美術館協力会のホームページ

月間イベント情報  ​⇒ 7月のイベント・おすすめ情報

  ブログと一緒にfacebook「OtaruStyle」 も是非ごらんください。

・旧ブログ 「小樽観光案内所スタッフブログ」その1
・旧ブログ 「小樽観光案内所スタッフブログ」その2
・旧ブログ 「小樽観光案内所スタッフブログ」その3


スタッフM