第2回北運河市民セミナーのご案内(10月3日)

投稿日:2021年09月29日 / 投稿者:otaru

《小樽の宝 五百羅漢を紐解く》

【開催日時】2021年103() 13:3015:30

【開催場所】小樽港湾センター 3階 会議室(小樽市港町4-4)

●基調講演

▶荻野 徹巖 氏「五百羅漢の成り立ち」(曹洞宗 像巖山正方法寺、宗圓寺 住職)

▶土屋 周三 氏「羅漢さんが来た頃の小樽・手宮」(小樽博物館 元館長)

▶高野 宏康  氏「宗園寺・五百羅漢の保存と活用」(小樽商科大学フローカル戦略推進センター学術研究院 博士(歴史民俗資料学))

【参加費】無料 ※事前のお申込が必要です。

【定員】新型コロナウィルス対策のため、限定50名(申込順)

【お申込方法】お電話またはFAXにてお申込みください。

【特別開催】五百羅漢合同参拝(事前のご予約は必要ありません)

●開催日時:10月24日(日)11:00~13:00

●参加料金:ご喜捨

主催:小樽北運河の会 半田善行、海老名敏男

問合せ先:(有)北欧産業 TEL 0134-32-3911/FAX 0134-33-2451

明治ご当地キャラバン第2弾[小樽市]篇が公開されました

投稿日:2021年09月29日 / 投稿者:otaru

日本ワイン製造販売量日本一のワイナリーをもつ小樽市が、酒蔵の酒粕・甘酒を使ったレシピでコラボ!明治ご当地キャラバン第2弾[小樽市]篇が、公開されました!

↑画像をクリックすると、株式会社明治の公式サイトに遷移します

「小春六花×小樽コラボ」イラストコンテスト結果

投稿日:2021年09月28日 / 投稿者:otaru

2021年5月22日~8月15日にて実施された「小春六花×小樽コラボ」イラストコンテスト。小春六花、夏色花梨、花隈千冬の3人、またはいずれかの人物が登場する小樽市を背景とする作品が数多く寄せられたコンテストの結果から、「小樽観光協会賞」をご紹介します。

「小春六花×小樽コラボ」2021 年度小樽スタンプラリー開催

投稿日:2021年09月28日 / 投稿者:otaru

小樽観光協会では、「TOKYO6 ENTERTAINMENT社」との連携により、本年3月にデビューした音声合成キャラクター(歌唱音声合成ソフト、テキスト読み上げ合成ソフト)「小春六花」による「小春六花×小樽コラボ『小樽スタンプラリー』」を開催する運びとなりました。

今春より、「TOKYO6 ENTERTAINMENT社」との「小樽コラボ企画」が様々に展開されておりますが、「小樽コラボ」が大変好評であることを受け、企画されたものです。

【最新号】月刊小樽自身 2021年10月号

投稿日:2021年09月25日 / 投稿者:otaru

【募集】ワーケーションモニター

投稿日:2021年09月13日 / 投稿者:otaru

小樽観光協会では、仕事と休暇を組み合わせた「ワーケーション」のモニターツアーを2泊3日の日程で実施いたします。小樽市内の宿泊施設に滞在し、リモートワーク、及びリフレッシュできる汗活メニューを体験していただきます。

【こんな方を募集!】
▼以下の条件に該当する女性3名
・ワーケーションに興味がある方
・リフレッシュメニュー(アセ活)に興味がある方
・SNSやウェブでの発信を日常的に行っている方

※ご参加にあたり、体温測定・体調管理、マスクの着用、こまめな手洗い、手指消毒の徹底をお願いいたします。また新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、延期や中止の判断をさせていただく場合がありますので、あらかじめご了承ください。

[小樽観光ガイドマップ2022年度版]広告掲載募集

投稿日:2021年09月03日 / 投稿者:otaru

2021年9月3日公開/2021年10月20日更新

一般社団法人小樽観光協会では、次年度版小樽観光ガイドマップ『もっともっともっと小樽2022』の製作に伴い、広告掲載の募集を行います。

▶広告募集案内(ご挨拶)

【ご案内】バリアフリー対応ノウハウ習得セミナー開催(11/10)

投稿日:2021年09月02日 / 投稿者:otaru

北海道観光振興機構による事業「ユニバーサルツーリズム推進事業(バリアフリー対応)」の一環として、「バリアフリー対応ノウハウ習得セミナー」が小樽でも開催されます。ご関心のある方はぜひご参加ください(要事前申込)

【最新号】月刊小樽自身 2021年9月号

投稿日:2021年08月25日 / 投稿者:otaru

第3倉庫活用ミーティングシンポジウム「これまでの100年」から「これからの100年」へ

投稿日:2021年08月17日 / 投稿者:otaru

第3倉庫活用ミーティングシンポジウム「これまでの100年」から「これからの100年」へ