住吉神社・花手水 第5回(7月)7/24~8/3

投稿日:2021年07月24日 / 投稿者:スタッフ観光案内所

住吉神社・花手水、7月の3回目が始まりました。

 

7月24日(土)~8月3日(火)までの予定です。

今回は、紫陽花紫陽花とガーベラがメインで、

花言葉、紫陽花は「和気あいあい」「家族」『団らん」

ガーベラは「希望」「前進」

赤いガーベラのハート💛が目をひきます。

ガーベラも、赤、オレンジ、イエローですよ!

涼しげな感じで、ガラスの器には紫陽花とリンゴが入ってます。

風鈴もピンク、ブルーで涼しげです。

 

 

問合せ 住吉神社 ℡ 0134-23-0785


月間イベント情報  ​⇒7月のイベント・おすすめ情報

 

  ブログと一緒に facebook「OtaruStyle」 も是非ごらんください。

 

・旧ブログ 「小樽観光案内所スタッフブログ」その1
・旧ブログ 「小樽観光案内所スタッフブログ」その2
・旧ブログ 「小樽観光案内所スタッフブログ」その3

スタッフT

 

 

 

第7回 熱闘ザンギ甲子園2021開催(8/6.7)…予約受付中!!

投稿日:2021年07月14日 / 投稿者:スタッフ観光案内所
今年も第7回熱闘ザンギ甲子園2021が開催されます。
WEB上と電話での事前予約となります。
当日は買い上げ頂くことはできません。
既に7月7日の14:00から予約は始まっています。
数に限りがございますので、お早目のご予約を
お願い致します。
予約数量は1000パックで、予約が達し次第終了となります。
色々な味を一度に味わうことが出来るザンギ甲子園です。
是非この機会にお召し上がりになりませんか⁈

7月7日14:00から予約始まっています
8月6日(金) 16:00-19:00 1日目引渡し 400パック

8月7日(土) 14:00-19:00 2日目引渡し 600パック

1パック購入(9種類のザンギ):1,400円
キャンセル不可、受け渡し日の変更不可
受取り場所:小樽サンモール商店街



ビアガーデン特設ステージが登場
8月6日(金): 16:00~20:00
8月7日(土): 14:00~20:00
特設会場:サンモール商店街特設ビアガーデン 40席

小樽の27店舗の名店が登場

天狗山チームパック
日本橋・えだかん・おかもと惣菜店・なると屋・とろり庵・
らく天・Muse・つぼみ・小樽市民食堂

運河チームパック
寿司和食しかま・ガンガン亭・百年坊・天蓮華・遊人庵・
かまわぬ・大仁門・愛幸・うみのや

鰊御殿チームパック
政寿司・彩華・マルカツ小樽水産・おおとみ・ハオ・
たじぺい・ISO・伊佐美屋・銘酒角打ちセンター

ザンギ甲子園2021」の特徴
1セットで小樽市内の27種類のザンギが楽しめる!
1パック9種類
その場のビアガーデンで買ったザンギを楽しめる!
27種類は多い!と言う方は1パックごとの購入もOK!
1パック=9種類
渡しの際に現金にてお支払いよろしくお願いいたします。
キャンセルは受付けられませんので、ご了承くださいませ。
ご入力よろしくお願いいたします!
予約完了メールが「迷惑メール」に分類される可能性があります。


予約方法

住吉神社・花手水 第4回(7月)7/14~23

投稿日:2021年07月14日 / 投稿者:otaru

住吉神社・花手水、7月の2回目が始まりました。

 

7月14日~7月23日までの予定です。

本日から、例大祭、7/14.15,16の3日間は、

午後7時頃から午後9時ぐらいまでは、花手水の水中ライトアップを行います。

今回は、胡蝶蘭がメイン、花言葉が「幸せが飛んでくる」縁起良い花言葉です。

かすみ草、デンファレ、ラベンダーで、紫、白、黄色、緑と

色とりどりで、きれいでした

夜になると、ライトアップするので、また違う感じの花手水が、ご覧なれます

問合せ 住吉神社 ℡ 0134-23-0785


月間イベント情報  ​⇒7月のイベント・おすすめ情報

 

  ブログと一緒に facebook「OtaruStyle」 も是非ごらんください。

 

・旧ブログ 「小樽観光案内所スタッフブログ」その1
・旧ブログ 「小樽観光案内所スタッフブログ」その2
・旧ブログ 「小樽観光案内所スタッフブログ」その3

スタッフT

 

 

小樽市祝津「恵美須神社」令和3年社例大祭(6/26)に行ってきました

投稿日:2021年07月01日 / 投稿者:スタッフ観光案内所

2021年6月26日(土)小樽市祝津にある「恵美須神社」の例大祭の神事が

執り行われました。

社殿内部を見せていただきました。

小樽市指定歴史的建造物の「本殿」は

社殿内部(覆屋によって保護)なので、普段は見学できません。

恵美須神社の社殿内部の開放は

恵美須神社の例大祭とお正月など数回だけです。

恵美須神社社殿
 恵美須神社の創立は、江戸時代の安政3(1856)年と伝えられています。今から150年以上も前になります。そのころは祝津がにしん漁で栄え、漁の安全と大漁を祈願したのでしょう。
現在の本殿が建てられたのは、創立から7年後の文久3(1863)年です。これは上棟式に掲げられた棟札に由来とともに記載されています。小樽市指定歴史的建造物の中で最も歴史ある建物(第58号、平成6年指定)になっています。
境内の位置は、茨木家中出張番屋の脇から細く曲がりくねった参道を上ったところにあります。敷地には市指定の保存樹木であるイチイとクワ(北海道最大のヤマグワでは と言われています)があり、真正面に見える建物は礼拝のための拝殿で、その後方に幣殿と本殿が続いています。しかし、本殿は覆屋によって保護されているので外からは屋根しか見られません。拝殿や幣殿・覆屋は、昭和3年から5年にかけての建築です。
本殿の大きさは正面と側面ともに柱の間隔が1つであり、屋根は前方へなだらかに傾斜しています。この形式の社殿は「一間社流造」と呼ばれ、北海道では道南から日本海沿岸にかけて多く見られます。元来は京都の上賀茂と下鴨の神社 (賀茂別雷神社、賀茂御祖神社)の社殿に取り入れられた形式です。

小樽祝津たなげの会HP「歴史建築(その一)恵美須神社社殿」より

恵美須神社は、茨木家中出張番屋の脇から

細く曲がりくねった参道を上がったところにあります。

坂を上りきると恵美須神社が見えてきます。

そして、振り返ると「祝津漁港」が見えます。

恵美須神社

小樽市指定歴史的建造物 第58号 恵美須神社本殿

日本遺産の構成文化財に認定された船絵馬が2枚あります。

一番奥に「本殿」があります。

本殿

本殿の棟札に文久3(1863)年の建立とあります。

この形式は「一間社流造 (いっけんしゃながれづくり)」と呼ばれてているそうです。

お供物

立派な鯛があがっていました。

燭台のデザインがおしゃれです。

北前船の帆がデザインされています。

午後1時より神事

令和3年度恵美須神社例大祭もコロナ禍で神事のみ執り行う事となりました。

宮司さんが到着

神主、巫女さんが恵美須神社に入られました。

関係者の皆さんによる神事が執り行われました。

お神酒をいただきました。ありがとうございます。

神事終了です。

神事終了後は、後片付け、電気が消され戸が閉まりました。

本殿は外側からはご覧いただけません。

/

恵美須神社の境内には、小樽市指定の保存樹木に指定されている

桑とイチイ(オンコ)とがあります。ご神木です。

・桑

300年以上もご神木としてこの地にたち愛されています。すごいですね。

・イチイ(オンコ)

/

恵美須神社

小樽市祝津3丁目161番地

駐車場:なし

公式サイト:恵美須神社

月間イベント情報  ​ 7月のイベント・おすすめ情報

★  ブログと一緒にfacebook「OtaruStyle」 も是非ごらんください。

・旧ブログ 「小樽観光案内所スタッフブログ」その1
・旧ブログ 「小樽観光案内所スタッフブログ」その2
・旧ブログ 「小樽観光案内所スタッフブログ」その3


スタッフM

令和3年度小樽市内お祭りの日程

投稿日:2021年06月16日 / 投稿者:スタッフ観光案内所

今年もコロナ過での中、招魂祭を皮切りに小樽市内のお祭りがスタートしていますが、去年に引き続き、緊急事態宣言お祭り自体が縮小になり、神事のみ開催になっています。

まつり和3年度小樽市内のお祭り日程まつり


まつり 第76回  招魂祭
・5月15日(水) 午前 11時 ・・小樽公園顕誠塔前広場
今年の様子はコチラから
/

まつり 小樽稲荷神社例大祭(てみやまつり)
6月11日(土).12日(日)・・・小樽市末広町38-1
今年の様子はコチラから
/

まつり水天宮例大祭
・ 6月14日(月)〜16日(水)・・・小樽市相生町3番1号
/



まつり 龍宮神社例大祭
6月20日(日)〜22日(火)・・・小樽市稲穂3丁目22-11
/

まつり  住吉神社例大祭
・7月14日(水)〜16日(金)・・・小樽市住ノ江2丁目5-1
茅の輪くぐり

/


月間イベント情報  ​ 6月のイベント・おすすめ情報

★  ブログと一緒に facebook「OtaruStyle」 も是非ごらんください。

・旧ブログ 「小樽観光案内所スタッフブログ」その1
・旧ブログ 「小樽観光案内所スタッフブログ」その2
・旧ブログ 「小樽観光案内所スタッフブログ」その3


スタッフY 

令和3年度龍宮神社例大祭…(6/20~6/22)

投稿日:2021年06月16日 / 投稿者:スタッフ観光案内所

『今年度の例大祭につきまして、新型コロナウイルス変異株の急激な拡大のため、北海道には緊急事態宣言が出されました。
強い外出自粛や飲食店での酒類提供も自粛となっております。
感染対策に努めながら可能な形での開催をいろいろ模索しましたが、小樽での感染拡大、医療現場での逼迫状況も出てきており、感染拡大防止と皆様の大切な命を守るため、責任役員とも協議し、本年例大祭は、神輿渡御、露店、奉納行事を全て中止し、本殿での神事のみ執り行うことと致しました。
お祭を楽しみにして下さっている多くの方々には大変申し訳なく存じますが、何卒ご理解頂きますようお願い申し上げます。

また、ワクチン接種が始まり希望も少し見えてきました。
一刻も早い事態の収束と経済活動の再開、そして何より皆様方のご健勝ご多幸を心より御祈念申し上げます。』
・           

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・令和三年六月吉日

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・小樽市鎮座 龍宮神社 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・宮  司 本間 公祐

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・責任役員 中ノ目孝道

まつりまつりまつり 龍宮神社例大祭神事の日程 まつりまつりまつり

6月20日(日):午後5時・・宵宮祭

6月21日(月):午前10時・・本祭

社殿内では役員のみの参拝となります。
一般の方の参拝は社殿の外からの参拝となります。
ご自由にご参拝ください。

/


******************************************

令和3年例大祭・限定御朱印

令和3年度例大祭の限定御朱印を授与します
復活の象徴「鳳凰」と、 闇を照らす「龍神」をイメージしております。 運気上昇の「言霊」となるよう「金文字」で宮司が心を込めて書いております。 運気上昇・立身出世・無病息災・心願成就の祈祷をしています。
初穂料500円からのお納めです。
東京、大阪などと共に、北海道にも緊急事態宣言が出されており、不要不急の外出自粛となっているため、今回は特別に郵送での授与も承っております。
まる詳細はコチラから



******************************************

令和3年度夏越の大祓式
日時:6月30日(水) 午前7時

大祓は、我々日本人の伝統的な考え方に基づくもので、常に清らかな気持ちで日々の生活にいそしむよう、自らの心身の穢れ、そのほか災厄の原因となる諸々の罪・過ちを祓い清めることを目的としています。

この行事は、記紀神話に見られる伊弉諾尊(いざなぎのみこと)の禊祓(みそぎはらい)を起源とし、宮中においても、古くから大祓がおこなわれてきました。

六月の大祓を夏越しの祓と呼びます。
大祓詞を唱え、人形ひとがた(人の形に切った白紙)などを用いて、身についた半年間の穢れを祓い、無病息災を祈るため、茅や藁を束ねた茅の輪(ちのわ)を神前に立てて、これを三回くぐりながら「水無月の夏越の祓する人は千歳の命のぶというなり」と唱えます。

その年々の節目におこなわれる大祓は、罪や穢れを祓うとともに、自らを振り返るための機会として、大切なことだと思います。

茅の輪くぐり:6月19日より設置されます。
ご参拝の方は、ご自由におくぐり下さい。

******************************************

龍宮神社HP
住所:小樽市稲穂3丁目22-11
電話:0134-22-4268
FAX:0134-31-5888


月間イベント情報  ​ 6月のイベント・おすすめ情報

★  ブログと一緒に facebook「OtaruStyle」 も是非ごらんください。

・旧ブログ 「小樽観光案内所スタッフブログ」その1
・旧ブログ 「小樽観光案内所スタッフブログ」その2
・旧ブログ 「小樽観光案内所スタッフブログ」その3


スタッフY 

令和3年度小樽稲荷神社例大祭(てみやまつり)に行ってきました(6/12)

投稿日:2021年06月14日 / 投稿者:スタッフ観光案内所

令和3年度小樽稲荷神社例大祭(てみやまつり)は

6月20日(日)までの緊急事態宣言の延長により

本年度も祭典のみ執り行う事となりました。

6月12日(土)午前10時からの例大祭本祭では

小樽稲荷神社 宮司 木村文彦さんによる

お祭りの祝詞と疫病退散の祝詞が挙げられました。

その後、疫病退散の祈願札が参拝者に配付されました。

最後にはおたる潮太鼓の打演も行われました。

/

手水舎、今年は柄杓ではなく、竹筒から水が出ていました。

社殿

/

6月12日(土)午前10時から「令和3年度小樽稲荷神社例大祭本祭」が執り行われました。

本殿に祀られている神鏡(しんきょう)の扉が開かれました。

鍵を開け

観音開きの扉を開け

すだれを巻き上げると

神鏡がみえてきました。

初めて見ました。

最後に参列者による玉櫛奉天が行われた。

来年は「御神輿」もあり盛大な「てみやまつり」が開催されるといいですね。

小樽稲荷神社 宮司 木村文彦さんからは

「今、生きている人は、過去と未来の狭間にいるから、

今を大切に生きなければなりません。

疫病退散祈願札を玄関に飾り守ってもらいたい。

来年こそは、盛大に祭りを実施したい」と話されました。

祭典の後に御札の配布とおたる潮太鼓の打演が行われました。

疫病退散の御札をいただきました。

最後におたる潮太鼓保存会による潮太鼓の打演が行われました。

久しぶりに「潮太鼓」が聞けてうれしかったです。

元気をもらえました。

おたる潮太鼓保存会のみなさまありがとうございます。

この時のライブ映像はおたる潮太鼓保存会のFacebookでご覧いただけます。

/

小樽稲荷神社の自然林は小樽市の保全樹林に指定されています。

小樽稲荷神社

手宮公園横、急な坂道(励ましの坂)を上りきった場所に建ちます。

「手宮」バス停から健脚な方で徒歩約20分(約900m)ほどかかります。

最初は緩やかですが、だんだん急な坂道になります。勾配の最大は22度。

上りきって振り返ると

向かい側の「十間通り」から見た「小樽稲荷神社」は黄色い枠のあたりです。

●小樽稲荷神社

小樽市末広町38-1(手宮公園に隣接しています)

電話:0134-22-2591

小樽稲荷神社ホームページ

・関連記事:令和3年度小樽稲荷神社例大祭(てみやまつり)について

月間イベント情報  ​ 6月のイベント・おすすめ情報

★  ブログと一緒にfacebook「OtaruStyle」 も是非ごらんください。

・旧ブログ 「小樽観光案内所スタッフブログ」その1
・旧ブログ 「小樽観光案内所スタッフブログ」その2
・旧ブログ 「小樽観光案内所スタッフブログ」その3


スタッフM